NAVI

失敗しない選び方

●「まずは大手」が基本●

はじめて消費者金融を利用するならば、やはり大手のなかから選ぶのが無難です。多くの人が名前を知っている業者は会員数も多く、安心感があります。
大手業者ならサービスは一定の基準をクリアしています。あまり深く考えずに利用先を決めてしまっても、致命的な失敗にはならないでしょう。
しかし銀行系は金利が低い、というように業界によっても金利やサービス内容などに傾向がありますし、同業界でも業者によって違いがあります。よりよい選択を目指すなら、細かなサービス内容を比較検討する必要があるでしょう。

●比較するのは金利だけではない●

利用する業者を比較検討する場合、最も分かりやすいのは金利です。しかし金利だけで決めてしまうのは安易だといわざるを得ません。金利が重要な要素であることは間違いありませんが、金利以外のサービスも考慮して決めないと、不便が生じる可能性は十分あるでしょう。
たとえば極端な話、返済可能な場所が近くになければ、ついつい支払いが遅れてしまい、結局利息を多く払う羽目になるということになりかねません。
キャッシング以外のサービスを重視するなら、クレジットカードという選択肢もあります。商品の購入代金を後払いにできるショッピング機能は非常に便利ですし、ポイントサービスを活用すれば、さまざまな恩恵を受けられます。

●大手業者に断られたら…●

大手業者のなかから選ぶのが一番無難ではありますが、審査を通過できない可能性もあります。はじめて利用する場合はともかく、すでに複数の業者から融資を受けている、というような場合は特に厳しいでしょう。
大手業者に断られた場合、準大手、中小業者に申し込むしかありません。準大手、中堅クラスであれば、大手業者より若干金利が高い程度で、それほど大きなデメリットはありません。中小業者のなかには、無利息期間があるなど、個性的なサービスを実施している会社も多く、利用しだいでは大手より便利になることもあります。
ただし規模が小さい業者は、悪質なところもありますので、十分に注意する必要があるでしょう。